新常識!消費者金融で所得証明書不要でお金を借りる

消費者金融と契約をする場合、必ずしも所得証明書が必要というわけではありません。50万円以下の契約の場合や、他社との契約とこれから契約する契約する会社の借入金合計が、100万円を超えない場合は所得証明書不要となっているところが多いです。意外と知られていない新常識ですが、実は他の金融機関に借り入れがあっても、所得証明書なしでキャッシングできるケースもあるのです。

それは借入先が銀行のケース。カードローンをしていたとしても、銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法で営業しているので総量規制の対象外。だから畑違いなんですね。またこれも新常識というほどのものではありませんが、クレジットカードのキャッシングについては総量規制の対象で、ショッピング枠の利用は対象外となっています。同じようにお金を借りたり使っていたとしても、規制対象になるケースとそうじゃないケースがあるんですね。

なのでどうしても消費者金融で所得証明なしでカードを作りたいけど、今借り入れがあって契約金額的に所得証明が必要になってしまいそう、というときは、銀行のカードに借り入れをまとめたり、ショッピング枠をうまく使うと証明書なしでも契約できる場合があります。ショッピング枠を現金化するのはデメリットもあるので、あまりオススメはしませんが・・・。

知名度よりも大切なのは信用

信用を勝ち取るためにはある程度の我慢が必要です。セールスマンはものを売るために何度も相手のもとを訪れ、そのたびに頭を下げ相手を安心させてこちらが敵ではないことを分からせなければいけません。

マジシャンは最初に種も仕掛けもないことをお客さんに確認させ、疑いの眼差しで見られている中でマジックを成功させなくてはいけません。

失敗すればお客さんからの信用だけでなく、マジシャンとしての信用も失ってしまいます。信用を得るのは簡単なようで意外と難しく、失うときは一瞬です。一度失った信用は取り戻すのには時間がかかります。

これは借り入れを行う際も同様で、信用がないと審査に通りづらい傾向にあります。経済に精通して大学で講座を開いている教授でも、知名度のあるタレントでも借り入れを行うときは必ず審査されます。

顔パスさながらの無審査キャッシングというわけにはいかないのです。公共料金の滞納をしていないか、ローンの滞納をしていないかしっかりとチェックされるので、日ごろの行いが大切になってきます。信用は大事にしておきたいものです。

 

各社の特徴やパターン等のメリットがある消費者金融一覧

クレジットカードキャッシングなどは、資金が足りない時にはよく活用されています。住友やダイレクトなどの商品が検討される事も、意外とよくあるでしょう。

借りたいと望む人々の中には消費者金融ランキング一覧などを見ている人ももちろんいます。なぜなら、そこには各社の比較に関するメリットがあるからです。

借りる商品を選ぶにしても、やはり最適会社を選びたいとのニーズも非常に多く見られます。良い会社から借りられれば、それに越した事は無いからです。それで一覧サイトには、各社の特徴も分かりやすくまとまっている訳です。それゆえに、借りたいと望む時にはよく参照されています。

ただしトラブル等には要注意です。そもそもトラブルが発生する人々には、たいていパターンがあります。無計画に利用してしまうと、遅延などになってしまうパターンがかなり多く見られます。

そういったパターンを知りたい時にも、消費者金融一覧が便利です。様々なノウハウを学べる事は、そのサイトの明確なメリットと言えます。

 

融資審査で求められる対照表と赤字確認

法人などは、何か資材などを購入する事があります。いわゆる設備投資と称して、何か購入を考える事もあるでしょう。

それで購入時には、もちろん費用が生じる事になります。導入の為の料金は、商品によってはかなり高い事もあるので、融資審査を受ける事例もしばしば見られます。

それで審査を行う会社は、まず長期になるかどうかは意外と大事です。短期返済が前提になるか、それとも長期でも問題無いか否かは、1つの見極め基準になるでしょう。毎月の負担を小さくしたいと望む法人などは、長期の商品を検討する事も多いです。

ただし融資審査を受ける場合、税金に関する書面が大抵必要です。いわゆる賃借対照表などが必要なのですが、それは財務状況を確認する目的があります。各銀行としても、返済力を重要視するからです。

ただし銀行によっては、赤字でも柔軟に対応してくれる事もあります。赤字に関する考え方などは、最適銀行を選ぶ基準の1つになるでしょう。

 

家族にバレたくないんです

審査を通過してカードローン契約をして借り入れをしている。いわゆる借金がある事を家族に知られたくないという考えを持つ人は沢山いるでしょう。しかしその考えは甘いと断罪をせざるをえません。あくまで契約して借入した本人の問題で家族は関係ないだろ?とか自分と家族は離れて暮らしてるし財布も別々だから関係ないだろと考えてしまうかもしれませんがもしもあなた自身が返済できなくなった時貸した側はどこに返済を求めるかそれはご家族です。

勿論キチンと返済していたら、あるいは完済をしたら家族に迷惑がかかったりする事はありません。しかし審査を申し込む時に免許証等を身分証明書として提出をします。そこには本籍地や実家の住所が書かれてはいませんか?貸した側はあなたの個人情報はしっかり把握しているんです。返済が滞り借りた本人に連絡がつかなくなれば行き着く先は家族です。

借りるのは自由、契約するのは自由ですがあなたはあなただけではない。この事は常に忘れてはいけません。

 

差別化が必要になっている弁護士

お金を借りた方々は、しばしば弁護士に仕事をお願いしています。なぜなら、返済が難しくなっている事例も見られるからです。弁護士に無料相談をしますと、借金の減額が生じる事もあります。それがかなりの金額になる事もあり、解決事例は案外と多いです。数百万円ほどが戻ってきている事例もあるので、相談しようと考えている方々も多く見られます。

ただし解決されるといっても、弁護士に依存するのは禁物です。最終的な解決は自分との戦いになる事もあるので、最低限の知識などは知っておくべきでしょう。ところで最近の弁護士の事務所としては、競争に行き伸びる為に色々と工夫している一面があります。

というのも上記のような依頼がとても多く、最近ではライバル他社も増えてきているからです。それで弁護士の事務所としては、他との差別化が必要になっている一面があります。ですので他とは違うサービスを提供して、上手く行き伸びている弁護士なども少なくありません。